第29回東北作業療法学会 学会長松木信

1990年(平成2年)9月29日、岩手県作業療法士会が主管となり第1回「東北作業療法学会」が、岩手県立中央病院講堂で東北各県の作業療法士332名の参加で開催されました。各県作業療法士会の主管持ち回りで開催されてきた東北作業療法学会は、29年の歴史を重ね、その規模も内容も深化発展しております。
東北の作業療法とは、この29年間東北の各県作業療法士会と、そこに結集する作業療法士が創りあげてきた歴史と文化そのものであり、私たちの通ってきた軌跡そのものが東北の作業療法を作り上げてきたことだと確信しています。それは日々繰り返される日常の中で、患者さんや利用者さんとたたかいながら、悩み苦しんできた評価と治療の過程であり、先人達が取り組んできた様々な作業療法の積み重ねが今の作業療法の基礎となっていることを、私たちは常に考えながら前に進んでいかなければなりません。その深化の集大成が毎年開催される東北作業療法学会であると思います。
前回の秋田学会より引き続き、最先端の作業療法の研究の成果を持ち寄り、歴史の1ページにあなたの名前を残してください。私たち実行委員会は、多くの東北各県作業療法士のみなさんより演題を発表していただき、自ら作り上げる東北作業療法学会に参加されることを期待いたします。

さて、今回の東北作業療法学会のテーマは、「地域共生社会に向けて」~みんなで創ろう、支え合う地域~ 『あい(Ⅰ・合い・愛)は地域をすくう!』です。
地域包括ケアシステムが少子高齢化社会を支えていくための戦術として、日本の各地で繰り広げられていますが、第二ステージとしては、高齢者だけでなく、障がい者も、障がい児も、精神障がい者も、認知症者も、ともに主体と自覚を持ってお互いに助け合いながら暮らせる街づくりをめざしていくことを命題としており、そのためには行政と地域連携、医療と介護の連携、専門職間の連携が必要不可欠であります。
是非今回の学会では、私たち作業療法士が、第二ステージの中でどのような役割を持って進んでいかなければならないのか、みんなで討論しながら作業療法のParadigm Shiftの一端となることを祈っております。東北各県作業療法士会の多くの皆さんに参加していただき、作業療法の新たなステージを作り上げていくために、あなたのお力をお貸しください。皆さんのご参加を心から歓迎いたします。

第29回東北作業療法学会
学会長 松木信